足をくずして、よろしくどうぞ

夢の3分間劇場

腸について調べてたらスムーズなお通じを得るのは意外な食べ物だった件

更新日:

腸は第二の脳とか、腸がすべてを司るとか、脳内ホルモンは腸で作られるとか、とにかく腸の話題はつきない。肌も脳も感情も、もしかしたら思考まで司るのではないかと思われる腸。腸のことに早くから着目してきた私は「時代がやっとおいついてきたな」って思う。

っていうのも、腸が弱くて30年来苦しんできたからなんですよね。で、ずっと腸のことを考えて、いろいろためして、ああここまで腸につくしたらそれは愛だねって気づいて30年。今ではだいぶ腸の機嫌もよくなってきた♡。腸と仲良くなってきたよ。知ることは愛なのだ。情報あふれるこの世の中で、溺れずに、それでも泳いでいれば、なんとかなっていくものなのだね。

で、今回は、腸によいと言われている食べ物の中で、意外だったものをピックアップしていこうかなと思うんです。書いとかないと、すぐ忘れるんですよね。

うんちをつくる腸内細菌

(ぼーよみで)腸の中のうんちを作る元となるのは腸内細菌ですが、人の腸には、約3万種、1000兆個の腸内細菌がいるそうです。これは体内細胞より多い数にあたります。この腸内細菌は大きくわけると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類があり、そのバランス比率を常に変えながら存在しています。

この3種類の菌のバランスを、自分にとって良い比率に保つこと。それが、「腸に良い」と言われることにあたります。便秘や下痢の腸内は、このバランスが崩れていることも多いといわれます。

以上が、事前知識ね

(それ決めんの食べ物だけじゃねーだろ、っていうツッコミは、今はおいておいてね♡)

(あ、便秘さんには、食べ物によるアプローチの前に、マッサージが絶大おすすめです。食べ物よりマッサージ。まずはこちらをお試しの上、楽になり、それと合わせてお食事の方でもアプローチしてみてくださいませ。)

この腸マッサージがほとんどの便秘下痢問題を解決するかもしれないという期待

どもども。 腸に問題があるって、ほんとにたいへんですよね。 何しろ生きるのが大変になってしまうんですから。 いざという時、お腹がはる、いたい、くだす、つまる。。。苦労した方ならわかっていただけると思う ...

続きを見る

うんちの形を決めている体の状態

便秘のウンチは、固かったり、すべりが悪かったり、細かったり、量が少なかったり、とまあ、いろいろな形があります。

そりゃ人間ですもの、いろいろあるわよ

その形によって、必要な食べ物も変わってきます。

例えば

固い、コロコロ・・・水分不足?

滑りが悪い感じ・・・油分の不足?

細い、量が少ない・・・ダイエットのしすぎ、食物繊維の不足?

臭い・・・タンパク質多すぎる?肉食いすぎ?プロテイン飲んでる?栄養バランスがかたよってる?

という感じです。

トイレに入って大をもよおし、さっとしてさっと流す、その前にぜひ、ご自分の大について、一度振り返ってみてあげてください。自分のウンチから「必要な食べ物を逆算していく」考えであらためて見るのです。

カメ先生
しげしげとな

逆効果?食物繊維と便秘の関係

便秘によい食べ物というのは、世の中にたくさんあるわけですが、もちろん、これは、食べるタイミングによっても、世で言われている働き方と、自分の体にでる効果が、真逆になってしまったりすることがあります。

例えば、「便秘中」に食べる食物繊維と、「予防」時に食べる食物繊維。

便秘がひどいさいちゅうに、食物繊維がよいと聞き、ゴボウやキノコ、玄米といった食物繊維が豊富といわれる食べ物を食べて、逆につまりがひどくなった経験はないでしょうか?

マリレイ
私は玄米が消化できませんでした

便秘は、腸の形(ねじれや内臓の落ち込み)が原因で、便が詰まっている場合があるそうでして、詰まっているところに、さらに便が増えて貯まる食物繊維を食べると、逆に便秘が悪化するという悲しい結果がおこってしまうそうなんですよ。玄米食べた時、調べたところによるとね。

しかし、本来、食物繊維は、腸内細菌の良質なエサとなるもの。腸内環境をよく保つための食品として食べると、便の量が出ますし、スムーズなお通じを助けることも相まって、とても効果があるとされる食べ物でもあるわけで。てなわけで、腸と相談するように、ご自身の体調をみながら食べてみるという方法もおすすめします。何事も、まずは自分と相談してみることよの。

さ、長い前置きでしたが、いよいよ!一挙公開!

便秘を改善すると言われている意外だった食べ物たち8選

1、アルカリ性の水

便の内容分を調べてみると、その半分は「水」だといわれます。水分は、便通に重要。

便秘はストレスが原因となっている場合もありますが、過度なストレスがあると体は酸性になるので、アルカリ性の水を取ると体が楽になるそうです。

アルカリ性といえば、

重曹+クエン酸+水で作る、オリジナル炭酸水が!!

ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!オススメだから!!!!!!!!!

安いのに、こいつはほんまに、よう働いてくれるで。

いろんな不調、めっちゃ軽くなるから!!!!!!!!!この感動を伝えたい。安いわ、副作用ないわ。

ちょっとまずいので、ハチミツレモンとか、レモン果汁とか、いれるといいと思う。

重曹+クエン酸+水で作る炭酸水 レシピ

水・・・500ml
重層・・・小さじ1
クエン酸・・・小さじ1
氷(分量外)

・冷たい方がおいしい。氷は必須と思われる。

・分量計算をしてくれた人がいて、検索するとその人の記事が最初に出てくるから読むといいと思う。私はこの記事の人を尊敬している。

・お砂糖は、入れない方がいいように思うんだけど、不味いので、ハチミツレモン、香りづけにレモン果汁なんか入れるのがおすすめ。

・検索すると、これで焼酎割ってる人とか、シソジュース作ってる人とか。

ハチミツレモン、

脱水っぽいなーと思ったら、日常的に水を取る習慣を持つことも手です。

水って、なかなか飲みずらいって言う人もすごく多いんですよね。味が付いていなくて飲めないって。特に子どもとお年寄りは、お水を飲まない傾向にあるそうですが、でも動物が飲むのはやっぱり水。

動物が一口ずつ水をなめるように、人間が水を飲むときも、一口ずつちびちびと飲むほうが、無駄なく吸収されます。

俺たちを参考にするのだ!小鳥のように飲むのだー

2、焼きバナナ

バナナは、フラクトオリゴ糖というオリゴ糖が豊富に含まれています。

さらに、水溶性・不溶性、両方の食物繊維に似た働きをする性質(レジスタントスターチ)が含まれています。

これも大腸まで届くため、善玉菌に使われれる働きがあります。不溶性食物繊維も入っているので、便のかさを増やすとも言われます。

また、まるごと焼いて「焼バナナ」にすると、さらにオリゴ糖が増えます。

皮はコゲコゲ。中はトロトロ。この状態がオリゴ糖いっぱい、です。

マリレイ
皮はもちろん、捨ててくださいよ。

3、玉ねぎマリネ

玉ねぎは、オリゴ糖と水溶性食物繊維が含まれています。さらにほかにも栄養素が豊富なので、腸内細菌によくはたらきかけてくれ、腸内環境に良い効果があります。

この玉ねぎを、さらに腸によいレシピにアレンジすると・・・・

玉ねぎマリネー

発酵食品である酢、腸内細菌の良質な食べ物である玉ねぎ。

1、薄ーくスライスして、氷水にしばらくさらして

2、水けをふきとり

3、好きな種類のお酢につけて

4、マリネ完成♡

手軽なのに、保存もきいて、お通じに効果あるという、賢いレシピになります。

4、ハチミツ

ハチミツなどに含まれるグルコン酸は、腸内のビフィズス菌を増やし、便秘、下痢ともに改善する整腸作用があります。

またハチミツの糖分は便を柔らかくする作用もあります。

マリレイ
蜂は昆虫とは思えない、神の使者のような側面があり、いつか蜂については別途特集したいと思っています

5、ゴボウ

自然界の野菜であるゴボウには、いきたまま大腸に届くフラクトオリゴ糖が含まれています。

これは、整腸作用のある食品とされています。特保の有効成分としても認定されています。

またゴボウは水溶性食物繊維が豊富に含まれている食品です。

マリレイ
水溶性とは意外ですよね。

6、海藻

ワカメや昆布にあるヌルヌルしている成分が水溶性食物繊維のフコイダンです。

水溶性食物繊維は、便に水分をとどめる性質があります。

これは海藻やこんにゃくなどに含まれた食物繊維です。また腸内の善玉菌を増やす性質があります。

7、お米

お米がお通じに良いか悪いか論争、というのがこの世の中にはあるのですが、個人的見解から言うと、適度な米食は便通をうながす、に一票を投じたいと思います。

便が細い、量が少ない人にとっては、便のかさを増すことが、便通を促すことに繋がる場合がありますが、ご飯はまさに便のかさが増える食品でもあります。

食べる量や体質、年齢によっても異なるので一概には言えませんが、完全に3食とも主食のご飯を抜くと、排便の回数が減る可能性がかなり高くなります。

こういう時は、例えば、雑穀と白米を混ぜて量を減らしていただく、などの対応ができると思うんですよ。

何と言っても、日本のソウルフード、お米。

私はお米大好きです。体内の糖質分解、解糖系という代謝が衰えてきても、やっぱり、一口食べた時の体の喜びようといったら、たまりません。

マリレイ
1日1食はお米食

と思って食事をしています。

8、バター

調査の中で意外だった、バターとうい食品。

タンパク質が多くなると、便は硬くなる性質があるのですが、脂質は、腸の中で便が滑りを良くする性質があります。

オリーブオイルも同じように便の通りをスムーズにする働きを持っています。油分ですね。

まとめ

食べ物から腸内細菌にアプローチする、というと、何か特別なことをしている感じもありますが、

結果的に、色々な食品をバランスよく食べるということです。

水分、油分、糖分、食物繊維。バランスよくと思ってご紹介してみました。

どれかを過剰に食べたり、抜いたり。いろんな食事療法がいわれておりますが、結局どんなものも、何かには効果がある食品として見ることもできるんですね。

悪者みたいに扱わず、お食事のメニューの仲間に入れてあげてたいな、と思っております。

マリレイ
くれぐれも、自分の体質に合うものを、ね!

こんなのもあります

1

自分の好きなことをやりたい、会社勤めが本当に嫌だ、指図されず自由に生きたい、会社に振り回されるのは嫌だ、自分の仕事を作りたい、そう思う瞬間、山ほどあります。 最近では、副業もOKになってきましたし、ネ ...

-

Copyright© 夢の3分間劇場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.